1、連絡内容は、ポイントを絞り簡潔に連絡すること。

2、連絡内容が間違いなく伝わっているか復唱確認すること。

3、連絡網に従った連絡先委員が不在の場合は、在宅する家族に伝言を依頼し、次の委員にれんらくする。