粉砕工業 ヤクルト工場 施設見学会
 


平成31年2月5日(火)に22名で大江破砕工場と愛知ヤクルトへ施設見学に行ってきました。

ここでは大江破砕工場での役割を教えていただきました。
工場内の破砕機は、約100kgの重たいハンマーが42個、高速回転して破砕しています。




運ばれたごみをこの機械の中のハンマーで叩き細かく砕きごみの物性により粒度選別をします。
その後、細かくなったごみは大きさによる選別と磁石による選別をしてごみを分別しています。



施設の方から平成20年8月18日に、この工場で発生した火災事故のことを教えていただきました。
原因はごみの中に含まれていたカセットボンベや殺虫剤、ヘアスプレー、ライターだそうです。
穴を開けずに捨てられるボンベの中に残っている可燃物が火災につながります。

捨てる時は絶対使い切るようにしてください。
火災によって施設が使用できなくなったこともあり大変なことになってしまいます。
みなさん絶対守ってくださいね。




そのあとは、日進市にある愛知ヤクルトさんの工場見学です。
ヤクルトもいただいたりで楽しい施設見学でした。




戻る